下取と買取の違いとは

車を売却する際の選択肢として下取と買取があります、この違いはというと下取とは車を買い
換えるときに、これまで使っていた車を次に車を買う業者に引き取ってもらい、その引き取り
額をそのまま購入する車の値引き分としてもらうことです。年式の古い車や傷みの激しい車な
どなかなか評価の付きにくい車でも、次の車を購入する際のサービスの一環としてある程度の
価格を付けてくれる場合がありますが、反面人気のある車種や社外パーツ装着車でも高い査定
が付くことはほとんどありません。
対して、買取とは中古車買取専門の業者に車を買取ってもらうことです。買取業者に来てもら
うか車を持ち込むかして査定をしてもらいます、その時の人気度合いや装備品が査定額に反映
されやすく、意外な高値が付く場合もあります。無料の一括査定サイトなどを利用すれば複数
の業者の査定額が調べられるため、簡単に一番高い査定額を付けてくれる業者を知ることも出
来ます。

 

 

>>中古車買取相場を調べるオススメサイトはコチラ