ディーラーと中古車買取店のどっちがおトク?

車買取をしてもらう方法としては、ディーラー下取りと中古車買取専門店で売却する方法があります。
ただ、一般的な傾向として、ディーラー下取りよりも中古車買取に持ち込んだほうが得をすることが多いです。

 

・ディーラー下取りの特徴

 

ディーラー下取りの利点は、買い替える新車の値引きをしてもらえるというところにあります。
しかしながら、ディーラー下取り自体の価格は中古車市場の相場にくらべてかなり低く、
状態が良くても査定額が上がるということはそれほどありません。
新車の値引きをしてもらえるという点についても、さまざまな他の値引き率と組み合わされているのでわかりにくくなっており、
実際の買取価格を計算してみると中古車買取店のほうが得だということが多いのです。
ディーラーに任せきりで旧車の売却から新車の購入まで済ませることができるので、
ディーラー下取りも便利ではあるのですが、金銭面では中古車買取店での売却に軍配が上がってしまいます。

 

・ネット査定を使って高く売る

 

中古車買取店に持ち込むメリットは、複数のお店の査定を比較して
より高い査定額を提示してくれたお店に売却できるというところです。
価格比較をできるというのが重要なポイントであり、中古車買取店での売却額が高いのも
業者間での競争を促せるからです。
中古車買取店での売却を考えるのであれば、一括のネット査定を利用してぜひ価格比較をしましょう。

 

 

>>中古車買取相場を調べるオススメサイトはコチラ